トイレの内装オプション-モバイル

あなたはご存知ですか? トイレを外した床には 変色したシミがあるんです!

床のシミの写真

便器の下は、とても痛みがちで、便器を外すと床には黄色く変色したシミがあります。 このことを知らずにトイレだけを交換してしまうとトイレはキレイになったのに、 床には汚いシミが残ってしまいます。後で、床を貼替えればと思っても、 また便器を取外す作業が必要になる為、費用がかさんでしまいますので、 当店ではトイレリフォームの際に同時に床の貼替えをオススメしております。

床クッションフロア・壁紙クロスの選び方

壁クロスの選び方

壁紙の貼替えの場合は新築時とは異なり、まず現状の壁紙を剥がします。 その後に新しい壁紙を貼るという工程の為、下地が平らでない事が多く、 薄手の壁紙を選ぶと下地の凹凸が壁紙表面に出て目立つことがあります。 そのため、できるだけ厚手で、あまり方向性のないものや壁紙表面に エンボス(凹凸感)があるものを選んだ方が下地の凹凸は目立ちにくくなります。

壁紙の厚みはカタログにより様々で、量産タイプ(SPカタログやリフォームようと記載)は厚め、 ハイグレードタイプ(リザーブカタログ)は薄めのものが多いです。 壁紙の貼替えは既存の壁紙を剥がし下地の調整処理(パテ埋め・パテ処理)をした上で行いますが、 リフォームの場合、下地状態が悪化していたり、下地の調整処理をしても完全な平滑になりづらいことがある為、 ハイグレードタイプの壁紙をご選択いただく場合は、「リフォーム推奨品、リフォームお勧め」 と記載がある品番をオススメさせていただきます。
※リフォームの場合は、なるべく厚手の壁紙をご選択頂くことが結果としてきれいに仕上がるポイントとなります。

床クッションフロアの選び方

クッションフロアを貼り替える際、既存のクッションフロアを剥がし、 下地の調整処理をした後で、新しいクッションフロアを貼りますが、 床に既存クッションフロアの接着剤などが付着している場合は、 下地が完全な平滑になりにくい場合がございます。

下記品番は、表面に凹凸が無かったり、光沢感がある仕上げになっている為、 床下地の影響を受けやすいクッションフロアです。下地の粗さが影響してきれいに貼替え できない場合がございますので、以下の品番をお選び頂くさいは、予めご了承ください。

クロスの品番
クッションフロアのみのイメージ
内装:床のみ貼替え
床:クッションフロア貼替え
施工時間:約1時間
取付工事費(商品代込)
11,000円(税込)
べ-シックのイメージ
内装:ベーシック
床:クッションフロア貼替え
壁:クロス貼替え
※3~4面:SPクロス使用
※1面はリザーブクロスに変更可能
※天井貼替えなし
施工時間:約2~3時間
取付工事費(商品代込)
37,000円(税込)
ハイグレードのイメージ
内装:ハイグレード
床:クッションフロア貼替え
壁:クロス貼替え
※2~4面:リザーブクロス使用
※天井貼替えなし
施工時間:約2~3時間
取付工事費(商品代込)
40,240円(税込)
天井貼替えのイメージ
内装:天井貼替え
壁:天井のみクロス貼替え
※SP・リザーブクロス使用可能
施工時間:約30分
取付工事費(商品代込)
3,240円(税込)

WEBカタログを見る:壁紙クロス・床クッションフロア