トイレに座った時の高さについて(現行品) | トイレリフォーム専門店

トイレ工事セットプラン 形と商品名からトイレを探す せまい空間対応のトイレを探す
内装・インテリア
トイレ紙巻器 トイレタオル掛け・タオルリング トイレ手すり トイレ内装プラン トイレのリフォーム事例
こんな工事も承ります
こんな工事もお任せ下さい 和式から洋式への工事
工事について
工事エリア トイレ工事の流れ トイレの工事費用 お値引き情報 お支払いについて 保証について
トイレの豆知識
トイレの排水芯チェック トイレの便座サイズ・高さ ウォシュレット取り付け方法
タンクレス トイレ
便座一体型 トイレ
組み合せ型 トイレ
対応エリア 大阪府
ア行
池田市
泉大津市
和泉市
茨木市
大阪市(以下市内)
旭区
阿倍野区
生野区
北区
此花区
城東区
住之江区
住吉区
大正区
中央区
鶴見区
天王寺区
浪速区
西区
西成区
西淀川区
東住吉区
東成区
東淀川区
平野区
福島区
港区
都島区
淀川区
大阪狭山市
泉佐野市※施工不可

カ行
交野市
門真市
柏原市
岸和田市
貝塚市※施工不可
河内長野市※施工不可

サ行
堺市 北区
堺市 堺区
堺市 中区
堺市 西区
堺市 東区
堺市 南区
堺市 美原区
四條畷市
吹田市
摂津市
泉北 忠岡町
泉南 (熊取町・田尻町・岬町)※施工不可
泉南市※施工不可

タ行
高石市
高槻市
大東市
豊中市
豊能 豊能町
豊能 能勢町
富田林市※施工不可

ナ行
寝屋川市

ハ行
東大阪市
枚方市
藤井寺市
羽曳野市
阪南市※施工不可

マ行
松原市
箕面市
守口市
三島 島本町
南河内 河南町
※施工不可
南河内 太子町
※施工不可
南河内 千早赤坂村
※施工不可

ヤ行
八尾市

は出張有料エリアです

対応エリア 兵庫県
ア行
相生市
赤穂市
明石市
芦屋市
尼崎市
尼崎市
伊丹市
損保(太子町)

カ行
加古川市
加古(稲美町・播磨町)
川西市
川辺(猪名川町)
神崎(福崎町)
神戸市 北区
神戸市 須磨区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
神戸市 長田区
神戸市 灘区
神戸市 東灘区
神戸市 兵庫区
神戸市 西区

サ行
三田市
宍粟市

タ行
高砂市
宝塚市
たつの市

ナ行
西宮市
ハ行
姫路市
*姫路市(家島・男鹿島:たんが・西島)は施工不可
マ行
三木市

は出張有料エリアです

対応エリア 奈良県
ア行
生駒市
生駒 安堵町
生駒 斑鳩町
生駒 三郷町
生駒 平郡町

カ行
橿原市
香芝市
葛城市
北葛城 王寺町
北葛城 河合町
北葛城 上牧町
北葛城 広陵町
御所市

サ行
桜井市
磯城 川西町
磯城 田原本町
磯城 三宅町

タ行
高市 明日香村
高市 高取町
天理市

ナ行
奈良市

ヤ行
大和郡山市
大和高田市

は出張有料エリアです

最長10年の商品保証
あんしん修理サポートへ
当店はパナソニックの、
「住まいパートナーズ」
加入店舗です。
パナソニックの住まいパートナーズロゴ
HOME >  スタッフブログ > 豆知識 > トイレに座った時の高さについて(現行品)
 

公開日:  最終更新日:カテゴリ:豆知識

座った時の高さ

気温差が±10あると交感神経がやられるとのことで、
それに対してゆっくり呼吸するといいと聞いたので試してます、スタッフAです。

今回は、トイレに座った時の高さについてご紹介させていただきます。
過去にお客様からいただいたお声の中で「便座に座ってみたら、昔の方がしっくりきた」とのことから、これからトイレのリフォームをお考えの方はぜひ下記をご一読下さいませ。

(*正確には便器+便座部分もご案内した方がデータとして良いのですが、過去の便器+便座の組み合わせと、現行品の便器+便座の組み合わせをご紹介するだけでエライ事になってしまいますので、便座との組み合わせは今回割愛させていただきました。)


現在発売中の便器

2016-08-04現在各メーカーより発売されている一般家庭用の便器は、

ウォシュレットで有名なTOTOより、

・TOTOネオレストAH
・TOTOネオレストRH
・TOTOネオレストDH

・TOTOレストパル
・TOTOレストパルF

・TOTO GG
・TOTO GG-800

・TOTOピュアレストEX
・TOTOピュアレストMR
・TOTOピュアレストQR


昔は、INAXで現在は合併等でいろいろ合体したLIXILは、

・LIXILサティスG
・LIXILサティスS

・LIXILプレアスLS
・LIXILプレアスHS
・LIXILアステオ

・LIXILリフォレ

・LIXILアメージュZAシャワートイレ
・LIXILアメージュZシャワートイレ
・LIXILアメージュシャワートイレ

・LIXILアメージュZ便器(フチレス)
・LIXILアメージュZ便器
・LIXILアメージュ便器

*トイレーナや一般洋風便器(BL認定品)は除きます。


家電等で有名なPanasonic(旧:松下電工)は、

・新型アラウーノ
・アラウーノSⅡ
・アラウーノV(2015年12月21日にモデルチェンジ)

となります。

*JanisやOEMのタカラスタンダード、海外製トイレやオリジナル便器は除く。


各メーカーの高さ(便器のみ)

TOTOは、高さは共通で約380mm(38cm)で、
マンション等によくある「壁排水リモデル(155mm)」のみ約370mm(37cm)
となります。

LIXILも同じく、高さは共通で約385mm(38.5cm)で、
「マンションリフォーム用床上排水(155mm)」のみ約370mm(37cm)
となります。

*「マンションリフォーム用 アメージュ シャワートイレ床上排水 155タイプ」
(シャワートイレ一体型便器)と、
「マンションリフォーム用 アメージュ便器 シャワートイレ床上排水 155タイプ」
(組み合わせ型便器)になります。

Panasonicも、高さは共通で約385mm(38.5cm)とリクシルと同じですが、
さらに2種類に分かれ、ちょっとややこしいので、細かく説明させていただくと、

新型アラウーノ「壁排水(155mm)」は約420mm(42cm)
アラウーノSⅡ「壁排水(155mm)」は約423mm(42.3cm)
*アラウーノSⅡの上記以外は388mm(約39cm)となります。

ざっくりまとめますと、
一番便器の高さが高いメーカーはPanasonic(アラウーノSⅡ)で、
一番便器の高さが低いメーカーはTOTOとLIXILになりました。


今お使いの便器の高さについて

発売時期・シリーズによって、高さは違いますので大まかにご確認いただけると幸いですが、こちらは1965年~2016年8月現在までの約50年間をお調べさせていただき、
大まかに高さをお調べしました所、TOTOとLIXILは、ほぼ同じように高さが350mm~385mmと変化しておりました。

*1965年から1990年代に入る前は、350mmが標準的で、TOTOは1970年代から既に370mmの高さへ。
LIXILは、1990年に入ってからは360mm~370mm。2006年頃からが現行の380mmへとなっています。

**LIXILも1970年代に高さ395mmという変わり種のカスカディーナというシリーズで、高くする流れへ対応しています。

こうして見てみますと、20年前のトイレをお使いの方は約360mmですので現在のものと交換されますと約20mm~約60mm(2cm~6cm)程の高さが変わることになりますので、結構変わりますね。

*10年前のトイレをお使いの方は、シリーズにもよりますが現行とほぼ変わらない高さになります。(Panasonicのアラウーノへ替えられる場合は除く)


便器の高さが高くなった背景

日本人の平均身長は男女ともに年々高くなり、現在は当時と比べ、身長が高い方の方がどちらかと言えば大多数となりつつあり、それによって背の高い人(その当時に一番多い身長の人)に向けて段々と便器の高さも合わせられているものと思われます。
よって、今後も平均身長が伸びるにつれて便器の高さが上がっていくものだろうと思われます。

ですので、「ちょっとウチのトイレは古いかな?」と思われた方で、「今の座り心地が丁度良い方」はリフォームすることによって便器の高さが変わりますので、もしこの点がお気になる方は是非こういったこともお気軽にご相談下さい。

*現在発売中の商品は各メーカーのショールームで実際に座り心地をご確認出来ますので、
後で失敗した!とならないように、是非ショールームで座り心地をご確認下さいませ。


今回はトイレに座った時の高さ(現行品)と少しだけ昔の便器の高さについてご案内させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

トイレの交換やリフォームでご不明な点等ございましたら、お気軽に当店までご相談下さいませ。
以上、ご検討宜しくお願いいたします。

無料出張お見積
出張見積イメージ
無料相談+追加費用0円のお見積
ご希望の日に経験豊富な施工スタッフがご訪問して設置条件を確認の上追加料金がないお見積をお渡し致します。ご質問に丁寧にお答えして、商品の特徴やメリット・デメリットなどもご説明致します。
※一部、有料エリアがあります。無料エリアを確認
無料出張見積へ
無料WEBお見積
WEBお見積イメージ
手軽に大体の費用が知りたい方に
お見積のご依頼を頂いてから24時間以内にメールまたはお電話で概算のお見積をご案内致します。 追加費用が一切ない見積をご希望のお客様は、経験豊富なスタッフが現場確認とリフォームのご相談にお伺いさせて頂く無料出張お見積をご依頼下さい。
WEB見積もりへ
電話番号

 

上に戻る