リフォームをするならタンクレストイレがオススメ! | トイレリフォーム専門店トイレリフォーム専門店

HOME スタッフブログ トイレリフォームについて リフォームをするならタンクレストイレがオススメ! | トイレリフォーム専門店
トイレ工事セットプラン 形と商品名からトイレを探す せまい空間対応のトイレを探す
内装・インテリア
トイレ紙巻器 トイレタオル掛け・タオルリング トイレ手すり トイレ内装プラン トイレのリフォーム事例
こんな工事も承ります
こんな工事もお任せ下さい 和式から洋式への工事
工事について
工事エリア トイレ工事の流れ トイレの工事費用 お値引き情報 お支払いについて 保証について
トイレの豆知識
トイレの排水芯チェック トイレの便座サイズ・高さ ウォシュレット取り付け方法
タンクレス トイレ
便座一体型 トイレ
組み合せ型 トイレ
対応エリア 大阪府
ア行
池田市
泉大津市
和泉市
茨木市
大阪市(以下市内)
旭区
阿倍野区
生野区
北区
此花区
城東区
住之江区
住吉区
大正区
中央区
鶴見区
天王寺区
浪速区
西区
西成区
西淀川区
東住吉区
東成区
東淀川区
平野区
福島区
港区
都島区
淀川区
大阪狭山市
泉佐野市※施工不可

カ行
交野市
門真市
柏原市
岸和田市
貝塚市※施工不可
河内長野市※施工不可

サ行
堺市 北区
堺市 堺区
堺市 中区
堺市 西区
堺市 東区
堺市 南区
堺市 美原区
四條畷市
吹田市
摂津市
泉北 忠岡町
泉南 (熊取町・田尻町・岬町)※施工不可
泉南市※施工不可

タ行
高石市
高槻市
大東市
豊中市
豊能 豊能町
豊能 能勢町
富田林市※施工不可

ナ行
寝屋川市

ハ行
東大阪市
枚方市
藤井寺市
羽曳野市
阪南市※施工不可

マ行
松原市
箕面市
守口市
三島 島本町
南河内 河南町
※施工不可
南河内 太子町
※施工不可
南河内 千早赤坂村
※施工不可

ヤ行
八尾市

は出張有料エリアです

対応エリア 兵庫県
ア行
相生市
赤穂市
明石市
芦屋市
尼崎市
尼崎市
伊丹市
損保(太子町)

カ行
加古川市
加古(稲美町・播磨町)
川西市
川辺(猪名川町)
神崎(福崎町)
神戸市 北区
神戸市 須磨区
神戸市 垂水区
神戸市 中央区
神戸市 長田区
神戸市 灘区
神戸市 東灘区
神戸市 兵庫区
神戸市 西区

サ行
三田市
宍粟市

タ行
高砂市
宝塚市
たつの市

ナ行
西宮市
ハ行
姫路市
*姫路市(家島・男鹿島:たんが・西島)は施工不可
マ行
三木市

は出張有料エリアです

対応エリア 奈良県
ア行
生駒市
生駒 安堵町
生駒 斑鳩町
生駒 三郷町
生駒 平郡町

カ行
橿原市
香芝市
葛城市
北葛城 王寺町
北葛城 河合町
北葛城 上牧町
北葛城 広陵町
御所市

サ行
桜井市
磯城 川西町
磯城 田原本町
磯城 三宅町

タ行
高市 明日香村
高市 高取町
天理市

ナ行
奈良市

ヤ行
大和郡山市
大和高田市

は出張有料エリアです

最長10年の商品保証
あんしん修理サポートへ
 

公開日:  最終更新日:カテゴリ:トイレリフォームについて

リフォームイメージ
昨今では新築よりリフォームの需要が高まってきているという経済背景もあり、リフォーム用のトイレは数多くラインナップされております。
トイレといえば毎日利用する住宅設備です。
ここではオススメのトイレについて紹介したいと思います。
日々の生活を快適に送る為にも、しっかりと商品選定を行いましょう。

トイレの基礎知識

普段トイレを使用していて気にする方は少ないかと思いますが、実は一般的なトイレは「便器」「便座」「タンク」の3つのパーツから成り立っています。
その為、専門用語では「組み合わせトイレ」と言われております。
「組み合わせトイレ」と対照的な位置にあるのが「タンクレストイレ」になります。
「組み合わせトイレ」は古くから今もなお使用され続けているモデルで、「タンクレストイレ」は比較的新しいモデルになります。
では「組み合わせトイレ」と「タンクレストイレ」は何が違うのでしょうか。

「組み合わせトイレ」と「タンクレストイレ」の違いとは?

組み合わせトイレイメージ

見た目

組み合せトイレイメージ
「組み合わせトイレ」と「タンクレストイレ」違いとして、最もわかり易いのはその見た目です。

「組み合わせトイレ」に対し、「タンクレストイレ」はタンク部分が無い為、非常にスッキリとした印象を与えてくれます。

価格

一般的に「組み合わせトイレ」より「タンクレストイレ」の方が高価になります。

タンクレストイレのメリットとデメリット


「タンクレストイレ」にはメリットだけでなくデメリットも存在しますので、それらについて解説致します。

メリット

清掃がしやすい

便器の掃除で最も大変なのが、”タンクと便器の隙間”や”タンクと便座の隙間”といった、パーツの継ぎ目です。
しかし、「タンクレストイレ」は「組み合わせトイレ」と違い、1つのパーツで成り立っています。
その為、パーツ同士の隙間とった複雑な部分がなく、簡単に清掃を行うことが出来ます。
また便座にも返しのフチが無い為、清掃が非常に楽になります。

節水効果が高い

従来のトイレは1度の洗浄で約10ℓといった水が使用されます。
一方、「タンクレストイレ」は1度の洗浄で約3.3ℓといった約3分の1の水量で洗浄を行います。
その為、年間の水道代が\15,000ほど安くなるといったデータもあります。
しかし、よく問題視されるのは節水による”トイレ詰まり”です。
実際に節水式になったことにより、トイレは詰まり易くなっております。
その分、洗浄便座が標準設備となっている為、トイレットペーパーの使用量を減らして洗浄を行うよう心掛ける必要があります。

トイレ空間がスッキリ

「タンクレストイレ」と「組み合わせトイレ」を見比べれば一目瞭然ですが、「タンクレストイレ」の方がコンパクトでスッキリとした印象があります。
トイレは比較的狭い空間になりがちですが、少しでも開放的な空間にしたい際は「タンクレストイレ」がオススメです。
また、見た目がスッキリなだけではありません。
「タンクレストイレ」タンクが無い分、トイレ本体のサイズもコンパクトになっております。
その為、トイレ空間を広く利用することが出来ます。

機能が豊富

「タンクレストイレ」はグレードの高いトイレになります。
その為、”便座リフトアップ”や”自動洗浄”といった機能がスタンダードで搭載されております。

デメリット

手洗い機能が無い

「組み合わせトイレ」の場合、タンク部分に手洗機が付いている場合が殆どです。
しかし「タンクレストイレ」には手洗機がありません。
その為、トイレ空間内に別途手洗機を設置するか、洗面台にて手を洗うといった対策が必要になります。

水圧が弱い場合がある

「組み合わせトイレ」の場合、タンク内に貯蔵しておいた水を利用しながら水圧でトイレを流します。
しかし「タンクレストイレ」にはあらかじめ水を貯蔵しておく部分がありません。
その為、「組み合わせトイレ」に比べ水圧が弱くなる傾向にあります。
例えば、高層マンションで「タンクレストイレ」を設置する際には特に注意が必要です。
高層階は水圧が弱くなる傾向があります。その為、設置前に水圧チェックを行う必要があります。
昨今では水圧の弱さを補填するブースターもある為、水圧が弱い場合はブースターの設置も必要となります。

停電時に不便

前述したとおり、「タンクレストイレ」は流す際に貯蔵しておくタンクが無い為、流す際には電気が必要になります。
その為、停電時にはバケツをしようして流すなどの対策が必要です。
停電時にも電気を使わず数回流すことが出来る機能が付いている「タンクレストイレ」もあります。

パーツの部分交換が出来ない

「組み合わせトイレ」パーツが組合せで形成されている為、は”古くなった便座だけ交換”といった部分交換が可能です。
対して「タンクレストイレ」は便座も便器も一体に形成されております。
その為、”便器が割れてしまった”や、”便蓋が割れてしまった”とった部分的な破損の場合にも、全て交換をする必要があります。

オススメのタンクレストイレ!

日本のトイレは世界トップクラスのクオリティと言われております。
そんなトイレ大国の日本では、様々なメーカーがトイレの生産を行っており、メーカーにより様々な特色があります。
ここではオススメのタンクレストイレをいくつか紹介させて頂きます。

TOTO ネオレストシリーズ


TOTOは言わずと知れたトイレメーカーです。
ネオレストはTOTOを代表するタンクレスのシリーズです。
TOTOならではの特徴をいくつか紹介いたします。

きれい除菌水


TOTOのネオレストシリーズには、TOTO独自の技術で開発された「きれい除菌水」が搭載されております。
トイレの仕様前、使用後、一定期間使用しない間、に電気分解された除菌水で自動的に洗浄を行うことで、便器内を常に清潔に保ってくれるという機能です。
便器内だけでなく、ウォシュレットのノズルも自動洗浄を行ってくれるので、清潔な状態を保ち続けることが出来ます。

セフィオンテクト


セフィオンテクトとはTOTOの陶器に施された特殊な加工で、その技術の高さはヨーロッパでも特許を取得しております。
表面の凹凸を限りなく無くすことで、汚れそのものが付着しないという仕組みです。

LIXIL サティスシリーズ

サティストータルイメージ
LIXILは近年最も勢いのある住宅設備メーカーです。
元INAXの技術を使用した高機能なタンクレスが揃っています。

アクアセラミック

アクアセラミック解説
アクアセラミックはLIXIL独自の機能です。
陶器を成形する際に、特殊な塗料を塗布することで陶器表面にバリアを張ります。
そのバリアが汚れの付着を防いでくれます。
さらにアクアセラミックの機能は100年続くといわれ、LIXILのトイレは『100年クリーン』と称されております。

無駄を撤廃した意匠性

サティスSLIXILのサティスは全メーカーの中でも最もコンパクトなサイズを誇っております。
その無駄を撤廃したデザインは、空間を広くするだけでなく、お洒落な空間を作ってくれます。

Panasonic アラウーノシリーズ

アラウーノL150イメージ
TOTO、LIXILに次いで3大トイレメーカーであるPanasonic。
TOTOやLIXILと違った特徴を持つ機能が特徴的です。

激落ちバブル

激落ちバブルPanasonicのアラウーノには洗剤を充填するポケットがあります。
使用前にタンク内に泡を張ることで、便の飛び散り汚れなどを防ぎます。
さらに洗浄時にも洗剤を使って洗浄を行う為、使うたびに綺麗を保つことが出来ます。

スゴピカ素材

スゴピカ素材解説
TOTO、LIXILが陶器素材なのに対し、Panasonicのトイレはスゴピカ素材(有機ガラス系)が採用されております。
陶器と違い、水垢によるピンク汚れが付着し辛いというメリットや、陶器に比べ安価で提供できるというメリットがあります。

まとめ
タンクレストイレは一般家庭にも普及しつつあります。
毎日使用するトイレなので、リフォームをきっかけにタンクレストイレを採用し、快適な生活を迎えてみてはいかがでしょうか。

無料出張お見積
出張見積イメージ
無料相談+追加費用0円のお見積
ご希望の日に経験豊富な施工スタッフがご訪問して設置条件を確認の上追加料金がないお見積をお渡し致します。ご質問に丁寧にお答えして、商品の特徴やメリット・デメリットなどもご説明致します。
※一部、有料エリアがあります。無料エリアを確認
無料出張見積へ
無料WEBお見積
WEBお見積イメージ
手軽に大体の費用が知りたい方に
お見積のご依頼を頂いてから24時間以内にメールまたはお電話で概算のお見積をご案内致します。 追加費用が一切ない見積をご希望のお客様は、経験豊富なスタッフが現場確認とリフォームのご相談にお伺いさせて頂く無料出張お見積をご依頼下さい。
WEB見積もりへ
電話番号

 

上に戻る